顔全体の印象が整う表情が艶めく鼻整形【鼻中隔延長(中隔軟骨)、鼻尖形成軟骨移植、鼻背細片軟骨移植(隆鼻術)】術後1カ月

術式

鼻中隔延長(中隔軟骨)、鼻尖形成軟骨移植、鼻背細片軟骨移植(隆鼻術)

施術内容

鼻先を中心に鼻筋と小鼻のバランスが取れるように、顔全体の調和が取れた上品な顔立ちを目指しました。

肋軟骨なしでお顔の軟骨のみ使用しています。

高い鼻がいい、流行りの鼻がいい…
顔を服のように簡単に変えることができるならいいと思いますが、あまりおすすめするものではありません。もちろんご希望であれば、シミュレーションして、それでも良いならそうしますが、生まれつきの鼻であると全く疑われない自然さを兼ね備えた美しさが一番だと考えています。

デザインや術式として自然な結果となるものを選択するのも重要ですし、長期的な視点をもって手術を検討していただければと思います。

整形して自然な結果となる条件の一つとして、『目立つ傷あとが無い』ということが挙げられます。

鼻整形で目立つ傷あとは小鼻と人中部分です。
口の動きがダイレクトに伝わり傷が安静に保ちにくいため丁寧に縫合しても醜状瘢痕となりえます。

今回は小鼻の広がりも気にされていたポイントですが、鼻先を高く前に出すことで小鼻の皮膚を引っ張り膨らんだ印象を減らしています。

小鼻は切らないで印象をかえることができます。
傷は目立たなくなるとはいえ消えるものではないので切る前に一度よく考えることをおすすめします。

初回手術から修正手術までご相談お待ちしております。

リスク・副作用

腫れ、内出血、感染、曲がり、左右差、後戻り、違和感、鼻閉感、イメージとの相違、キズあと、肥厚性瘢痕、ケロイド

この記事をシェアする
目次
閉じる