口角挙上の経過【口角挙上】術直後と術後3M

術式

口角挙上

施術内容

目尻よりちょっと内側方向に向かって5ミリ挙上、左右差をなくすように右は外側に、左は上に向けて上げてます。
直後は少し切り過ぎに見えるかもしれませんが、しばらく経つとなじんでいい感じになります。
馴染むというか後戻りするので、計算して切らないといけません。

口角挙上は斜めから見たときが一番傷が目立ちます。
傷は皮膚にはつかない様に、粘膜内に隠します。それでも元の口角との段差や粘膜の浮腫で傷が見えます。
抜糸の頃にはあまり目立ちませんが、数ヶ月立つとさらに馴染みます。

口角はよく動く場所なので注意しないと傷の治りが遅くなり、傷が肥厚したり硬くひきつれます。経過をみて正しく対処する必要があります。

切るのは抵抗ある人はヒアルロン酸とボトックスしてシミュレーションできます。ご相談くださいませ。

リスク

腫れ、内出血、感染、左右差、後戻り、違和感、イメージとの相違、キズあと、肥厚性瘢痕、ケロイド

この記事をシェアする
目次
閉じる