鼻尖形成

rhinoplasty

団子鼻の丸みを取り、鼻先を細くすっきり整えます。

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 団子鼻が気になる方
  • 鼻先を細くすっきりさせたい方
  • 丸い鼻先が気になる方
  • 鼻の穴を目立たなくさせたい方

施術について

About the treatment

鼻先が丸く見えてしまう「団子鼻」には、鼻先(鼻尖)の軟骨が離れている、大きい、丸い、皮下組織や脂肪組織が多い等、様々な原因があります。

鼻尖形成は、余分な軟骨や皮下組織、脂肪組織を取り除いた後に、左右の鼻翼軟骨の処理を行い、鼻先を細くすっきり整える手術です。

ビフォーアフター

Before After

Before

After

【鼻尖形成、軟骨移植、鼻中隔延長】術後3ヶ月

施術方法

Treatment method

鼻先(鼻尖)は、鼻翼軟骨・外側鼻軟骨・鼻中隔軟骨などの軟骨により形成され、その上に脂肪や結合組織などの軟部組織、皮膚で形成される複雑な構造になっています。

鼻先が丸く見える「団子鼻」は、鼻翼軟骨が大きい・離れている・丸くつぶれている、脂肪が多い・皮膚が分厚い、等といった原因があります。

ですので、これらをひとつひとつ解決する必要があります。
脂肪を除去してボリュームを減らし、左右に広がった軟骨を糸で縫い寄せて、鼻先を細く整えるのが鼻尖形成術です。

鼻尖形成の手術方法は2種類あります。オープン法とクローズ法です。

オープン法は、左右の鼻の穴の間にある鼻柱を切開して手術を行う方法です。皮膚を持ち上げ術野を展開することで、左右の鼻翼軟骨・軟部組織・脂肪を直視下で確認しながら手術を行えます。より精度の高い施術を行うことが可能ですが、クローズ法に比べるとダウンタイムは長くなります。

クローズ法は、左右の鼻腔内の切開のみで施術を行う方法です。傷が鼻の穴の内側となるため、傷跡が目立ちにくいのがメリットですが、オープン法と比べると術野が狭いため、手術操作が限定されることがデメリットといえるでしょう。

オープン法・クローズ法のそれぞれのメリット・デメリットや、ダウンタイムも含めて、しっかりとカウンセリング時にお伝えいたします。

施術の流れ

Treatment flow

Step

01

患者様の状態に合わせてオープン法、もしくはクローズ法で切開を行います。

Step

02

脂肪・結合組織を切除し、鼻先のボリュームを減らします。

Step

03

左右に離れている鼻翼軟骨を糸で中央に寄せ、切開部分を縫合して終了です。(必要があれば軟骨を移植して鼻先を調整します。)

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

1時間

シャワー

翌日より可能ですが、施術部位はギプス固定のため濡らさないようにお願いします。

洗 顔

ギプスで固定している部位以外への洗顔は、翌日より可能です。

メイク

ギプスで固定している部位以外へのメイクは、当日より可能です。

ダウンタイム

個人差はありますが、約1~2週間程です。

術後の通院

3~5日目 固定抜去
1週間目 耳の固定抜去
2週間目 鼻腔内抜糸

リスク・副作用

・術後の痛み、腫れ ・内出血 ・感染 (化膿 ) ・血腫 ・糸が露出する ・創部離開 ・低くなったと感じる ・鼻孔縁が上に挙がる ・鼻尖上部の皮膚の盛り上がり ・鼻尖の皮膚の凹み ・移植軟骨の輪郭が浮き出る ・鼻尖が長すぎる・ 高すぎる・大きすぎる ・鼻尖が短すぎる・低すぎる・細すぎる ・耳の変形 (耳から軟骨を採取した場合)

料金

Price

鼻尖形成

¥337,000《税込》

目次
閉じる