皮膚に傷がつかない人中短縮

Ninchu shortening that does not damage the skin

人中短縮は鼻の下を短くする治療です。一般的な切開による人中短縮術は鼻の下に傷がつきますが、皮膚に傷がつかない人中短縮は口腔内から切開するため皮膚に傷をつけることなく半永久的な効果があります。

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 鼻の下が長いのが気になっている方
  • 面長な印象を変えたい方
  • のっぺりとした顔の印象を変えたい方
  • 加齢で鼻の下が伸びてきた方
  • 人中を短くして、引き締まった印象にしたい方
  • 見えるところに傷を作りたくない方

施術について

About the treatment

人中(鼻の下)が長いと、面長でのっぺりとした印象になります。
人中短縮(別名:リップリフト)鼻の下を短くする治療です。
一般的な切開による人中短縮術は鼻の下に傷がつきます。
ヒアルロン酸やボトックスによる切開を伴わない人中短縮術は効果が弱かったり一時的なものであり切開法と同等の効果はありません。

当院オリジナルの『傷がつかない人中短縮』は口腔内から切開し口輪筋を切除短縮するため皮膚に傷をつけることなく半永久的な効果があります。
人中短縮効果は欲しいけど見えるところに傷は絶対につけたくない方におすすめです。

ビフォーアフター

Before After

Before

After

【人中窩形成、人中短縮】術後1カ月

施術方法

Treatment method

当院オリジナルの傷のつかない人中短縮術は、上口唇の裏側(口腔内粘膜)を切開し、口輪筋を切除し頭側に縫合固定することで、鼻下から上口唇までの距離を短くします。

注入施術と異なり外科的に組織を切除するため、一時的なものではなく半永久的な効果があります。

皮膚は切っていないのでもちろん見える傷はありません。

内部処理だけでも口唇を最大20~30%短縮することが可能です。

また人中はただ短くするだけでなく形や周囲とのバランスも大事です。組織の厚みや凹凸を調節して鼻唇角(鼻柱と上唇の角度)や口唇結節とのバランスが取れた美しい形をつくります。

【同時におすすめの施術】
・鼻翼縮小(糸)
・口角挙上

施術の流れ

Treatment flow

Step

01

上口唇の裏側(口腔内粘膜)を切開します。

Step

02

口輪筋を切除し頭側に縫合固定します。

Step

03

粘膜を縫合し終了です。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

30分

シャワー

翌日から可能です。

洗 顔

当日より可能です。

メイク

当日より可能です。

ダウンタイム

個人差はありますが、術後1週目までは目立つ腫れが生じます。

術後の通院

抜糸は吸収糸のため不要ですが、希望者は1週間以降に抜糸可能です。

リスク・副作用

・腫れ ・内出血 ・表情の違和感 ・しびれ ・小鼻の広がり ・唇の形が変わる ・口角が下がって見える ・後戻り

料金

Price

人中短縮(非切開法)

¥449,000《税込》

目次
閉じる