目尻切開

Lateral canthoplasty

目尻切開とは、目尻(目の外側)を切開することにより、目の横幅を外側に大きくする施術です。白目や黒目が見える幅が広くなるため、ぱっちりとした大きな目になります。

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 目を大きく見せたい方
  • 目の横幅を広げたい方
  • つり目を治したい方
  • 優しい印象の目元になりたい方
  • 切れ長の目にしたい方

施術について

About the treatment

目尻切開とは、目尻(目の外側)を切開することにより、目の横幅を外側に大きくする施術です。白目や黒目が見える幅が広くなるため、ぱっちりとした大きな目になります。

また、目尻から下まぶたのラインが緩やかになるため、吊り目できつい印象を優しい印象に変えることができます。

施術方法

Treatment method

目尻切開すると、目尻の下に隠れていた白目が露出するので目の横幅が外側に広くなり、目が大きく見える効果が出ます。そのため、切れ長で大きな目に見えるようになります。
切開といっても数ミリ程度の切開なので、傷あとも目立ちません。

目尻切開の切開方法は、いくつかありますが、当院では「全層切開法(単純切開)」、「flap法」を行っています。

なりたい目やもともとの目の形によって全層切開法を行うか、flap法を行うか、ご相談の上決めさせていただきます。

全層切開法(単純切開)

Full-thickness incision method (simple incision)

目尻の皮膚と粘膜を横に切開し、縦に縫合することで目尻を外側に広げ、目を大きく見せる方法です。この方法はシンプルに横に切って縦に縫うだけなので、人間の体の後戻りしようとする力に負けて、切開した部分が戻ってしまうことがあります。

flap法

flap method

目尻の皮膚と粘膜を三角形に切除し、 皮弁をずらして縫合することで、目の横幅を大きくする方法です。横方向でなく斜め下方向に目尻を広げやすい術式で、下眼瞼下制(グラマラスライン)と同時に行うと相乗効果を出すことができますが、吊り目を希望される方の場合は下方向に下げすに横方向のみに広げる術式を行うことも可能です。

施術の流れ

Treatment flow

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

約30分

シャワー

翌日より目元以外可、2日目より可能です。

洗 顔

当日より目元以外ふき取りのみ可能です。2日目より全顔可能です。傷口を強くこすらないようにしてください。

メイク

当日より目元以外可能です。抜糸翌日より全て可能です。

ダウンタイム

個人差はありますが、約1週間程度。

術後の通院

1週間目 抜糸

リスク・副作用

・腫れ ・内出血 ・感染 ・傷が開く ・傷痕が気になる ・仕上がりに左右差があると感じる ・希望と異なると感じる ・目尻の開きが足りないと感じる ・目尻を延ばしすぎたと感じる ・まつげが抜ける、切れる、逆さまつげになる ・目尻のラインに段差が出来る ・目がゴロゴロする

料金

Price

目尻切開

¥280,000《税込》

目次
閉じる