乳輪縮小

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 乳輪を小さくしたい方
  • 授乳や加齢で乳輪が大きくなった方
  • 乳輪の形を整えたい方
  • 乳輪の左右差が気になる方
  • 乳輪のブツブツが気になる方

施術について

About the treatment

加齢や授乳などの理由で大きくなってしまった乳輪を縮小し、バランスを整えるのが乳輪縮小術です。手術には、乳頭の周囲の乳輪を切除する方法と、乳輪外周を切除する方法の2種類があります。

傷は乳輪の中におさまるので、最終的には目立ちにくくなります。乳腺や乳管を傷つける治療ではないので、授乳への影響もありません。

施術方法

Treatment method

乳頭の周囲の乳輪を切除する方法と、乳輪外周を切除する方法のいずれかで行います。どちらの方法でも乳腺や乳管は温存できるので、術後の授乳に影響することはありません。

元々のバストと乳輪、乳頭の状態やご希望の形を考慮して、最適な方法をご提案いたします。

施術の流れ

Treatment flow

【乳頭の周囲の乳輪を切除する方法】
①乳頭のすぐ近くを切開します。
②余分な組織を取り除き、乳輪面積を小さくします。
③乳頭の根元と切開した内側を縫合します。
乳輪周りのグラデーションが自然なまま残る、傷口が目立たないといったメリットがありますが、縮小できるサイズに限度があります。

【乳輪外周を切除する方法】
①乳輪の外側を切開します。
②余分な組織を取り除き、乳輪面積を小さくします。
③乳輪の外側と肌色の皮膚を縫合します。
出来る限り面積を小さくしたい、という場合に選択しますが、乳輪の色がはっきりし、乳輪周りのグラデーションは少なくなります。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

60分

シャワー

翌日より可能です。

洗 顔

当日より可能です。

メイク

当日より可能です。

ダウンタイム

大きな腫れは、約1~2週間程です。

術後の通院

7日後抜糸

リスク・副作用

・糸が露出する ・仕上がりに左右差があると感じる ・希望より大きいと感じる ・施術箇所の知覚の麻痺・ 鈍さ、しびれ ・傷跡のもり上がり・ 凹み・ 色素沈着 ・感染 (化膿) ・血種 ・内出血

料金

Price

乳輪縮小

¥350,000《税込》

目次
閉じる