鼻先の丸みを自然に解消する団子鼻治療【鼻尖形成、鼻中隔延長、軟骨移植】術後3カ月

術式

鼻尖形成、鼻中隔延長、軟骨移植

施術内容

鼻先の丸みは単純に糸で縛ったり、移植物を載せるだけでよくなるものではありません。

写真の方は鼻翼軟骨がBOX型に拡がっておりアジア人には多くない欧米タイプの鼻。

張り出した軟骨を一部削って鼻中隔軟骨で延長しました。
鼻筋(鼻背)にはダイス状に砕いた耳介軟骨を移植して鼻筋を形成しています。
異物を使用せず自家組織のみで自然な変化が出ました。

今回の一番のポイントは鼻尖形成です。
ある程度鼻先を細くしたいのですが、尖りすぎると不自然。
特に皮膚が薄いタイプの場合は鼻先の軟骨の形が透けて見えやすいため注意が必要です。
丸みを残して自然な鼻先とすることで美しく違和感のない印象になります。

副作用・リスク

腫れ、内出血、感染、曲がり、左右差、後戻り、違和感、鼻閉感、イメージとの相違、キズあと、肥厚性瘢痕、ケロイド

この記事をシェアする
目次
閉じる