ACRを整えて垢抜けたお鼻に

目次

こんな悩みの方におすすめの記事です

・上向きの鼻を下に向けたい方
・短い鼻を伸ばしたい方
・正面から鼻の穴を見えないようにしたい方
・鼻下と上唇の距離を短くみせたい方
・綺麗なEラインにしたい方

鼻翼と鼻柱との位置関係『ACR』について

鼻整形について調べていくとACRという言葉を見たことがある方もいると思います。
ACR(alar columellar relationships)とは鼻翼、鼻柱の位置関係で、鼻翼と鼻柱の付け根の高さを比較してどっちが上か下か、どうなればきれいかを考える基準となります。

一般的には真ん中の鼻柱がやや下に凸の三角形となるときれいと言われています。
鼻柱が上、または鼻翼と同等の高さにある場合、ACRを改善することで上品なお顔になることがあります。

その他にも鼻翼の垂れ下がりや引き上がりなどいろいろな要素で鼻の見え方が変わります。

ACRを変化させる手術は複数あります。

まずは鼻柱を変化(上げる・下げる)させるもの。

鼻柱を下げる

鼻中隔延長
鼻柱軟骨移植
リップリフト

鼻柱をあげる

鼻柱挙上(切除短縮)

日本人は鼻中隔軟骨や鼻翼軟骨内側脚が脆弱で鼻柱が上に凹んでいる(ACRが上向き三角形)人が多いです。鼻柱が下がっていることはあまりありません。

鼻翼の位置を変える手術。これは多岐にわたります。
上下左右、更に鼻の穴に覆いかぶさるように垂れたり、逆に吊り上がって鼻の穴の中が見えやすくなったり…

単純に鼻翼の上下の位置を変える方法としては、

鼻翼を上げる

鼻翼挙上。鼻翼の頭側を切開するものです。鼻の縁を切るのはおすすめできません。

鼻翼を下げる

鼻翼下降。前述の通り、日本人はACRが上向き三角形の人が多いため、ほとんど需要はありません。

日本人には鼻翼が垂れ下がって鼻柱が基部に向かって上がっているタイプが多いので鼻柱下降や鼻孔縁・鼻翼挙上が適応となることが多いです。

鼻中隔延長やリップリフトはうまく使えばACRを改善することができます。

逆に鼻翼縮小術は鼻翼の付け根を下げてACRを悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

実際の症例

それでは実際の症例をご紹介します。

術式

鼻中隔延長(鼻中隔軟骨)、鼻尖形成、軟骨移植、人中短縮、鼻翼縮小
術後6カ月

施術内容

ACRを見ると、鼻翼の位置より鼻柱が上にあることが分かります。

鼻尖形成と軟骨移植で鼻先を調整した上で、鼻中隔軟骨を使用し、鼻中隔を延長しました。鼻柱が下がることで、鼻翼が上がったように見え、ACR(鼻柱鼻翼の位置関係)が改善されました。

さらに人中短縮を行い、人中の長さを改善。単純に人中を短くするだけでなく、お顔全体のバランスを考え施術を行っています。

まとめ

美しくバランスのいい鼻について考えると、ACR=鼻翼と鼻柱との位置関係が重要となります。

鼻柱を変化させる手術
①鼻柱を下げる
・鼻中隔延長
・鼻柱軟骨移植
・リップリフト
②鼻柱をあげる
・鼻柱挙上(切除短縮)

鼻翼の上下の位置を変える施術
①鼻翼を上げる
・鼻翼挙上
②鼻翼を下げる
・鼻翼下降

等があります。

日本人には鼻翼が垂れ下がって鼻柱が基部に向かって上がっているタイプが多いので鼻柱下降や鼻孔縁・鼻翼挙上が適応となることが多いです。

鼻中隔延長やリップリフトはうまく使えばACRを改善することができます。

逆に鼻翼縮小術は鼻翼の付け根を下げてACRを悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

鼻整形や口唇の整形では一部位で考えるとバランスが崩れることがあります。
パーツをきれいにするのはもちろん大事ですが鼻翼や口唇との位置関係をみてバランスを考えながら治療法を計画していく必要があります。

ご希望のお鼻になるようにしっかりとカウンセリングさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

この記事をシェアする
目次
閉じる