鼻整形とリップリフトでACR改善【鼻中隔延長(鼻中隔軟骨)、鼻尖形成、軟骨移植、人中短縮、鼻翼縮小】術後6カ月

術式

鼻中隔延長(鼻中隔軟骨)、鼻尖形成、軟骨移植、人中短縮、鼻翼縮小

施術内容

鼻整形について調べていくとACRという言葉を見たことがある方もいると思います。
ACR(alar columellar relationships)とは鼻翼鼻柱の位置関係で
鼻翼と鼻柱の付け根の高さを比較してどっちが上か下か、どうなればきれいかを考える基準となります。
一般的には真ん中の鼻柱がやや下に凸の三角形となるときれいと言われています。
鼻柱が上、または鼻翼と同等の高さにある場合、ACRを改善することで上品なお顔になることがあります。

その他にも鼻翼の垂れ下がりや引き上がりなどいろいろな要素で鼻の見え方が変わります。そちらについてはまた別の機会にお話します。

鼻中隔延長やリップリフトはうまく使えばACRを改善することができます。

逆に鼻翼縮小術は鼻翼の付け根を下げてACRを悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

鼻整形や口唇の整形では一部位で考えるとバランスが崩れることがあります。
パーツをきれいにするのはもちろん大事ですが鼻翼や口唇との位置関係をみてバランスを考えながら治療法を計画していく必要があります。

初回手術から修正手術までご相談ください。

リスク・副作用

腫れ、内出血、感染、曲がり、左右差、後戻り、違和感、鼻閉感、イメージとの相違、キズあと、肥厚性瘢痕、ケロイド、感覚異常、後戻り、ガミースマイル、鼻翼の広がり

この記事をシェアする
目次
閉じる