『笑顔を創る』傷のつかない人中短縮・口角挙上【リップリフト、口角挙上】術直後

術式

リップリフト(傷のつかない人中短縮)、口角挙上

施術内容

リップリフト、口角挙上の症例です。

どちらも皮膚を切らず、傷が残らない方法です。

口の周りはよく動くため傷がとても目立ちやすい場所です。
切らずに願いが叶えばそれが一番。

人中短縮も口角挙上も様々な方法がありますが、傷をつけないようにするには、口の中から処理する方法と、ボトックスやヒアルロン酸で短く見せる方法があります。

Cカール

今回の人中短縮は短くするというより、Cカールを創るためのものです。Cカールとは鼻から唇にかけてくるっと丸いカーブがCのようにみえることから。鼻と唇の間の鼻唇角が小さいと丸いカールになりません。ただ短くするだけでなく形も大事なのです。

口角は5mm挙上しました。
術直後は腫れています。腫れがひくとより自然な形になります。

当院オリジナルの傷のつかない人中短縮術は注入施術と異なり外科的に組織を切除します。一時的なものではなく半永久的な効果があります。

皮膚は切っていないのでもちろん傷はありません。
ヒアルロン酸やボトックスや糸リフトは一切使用していません。
内部処理のみで短縮効果を得ています。

内部処理でも口唇を最大20~30%短縮することが可能です。

あなたに合った方法をご提案します😌

マエクリは鼻はもちろん、口周りの施術も得意としていますのでご相談お待ちしております🤗

人中はお顔の真ん中あたり、周りとのバランスがひとりひとり異なる為絶妙な調節が必要です。どんなご希望にも寄り添い理想を叶えます。

リップリフト(人中短縮)といっても従来の切開法や部分切開法、切らないリップリフト、口角リフトとの併用と、様々な種類があります。求める効果やダウンタイムに合わせて最適な施術をご提案いたします😉

副作用

術後は腫れや内出血、違和感を伴います。

感染や出血、キズ、感覚異常、後戻り、ガミースマイル、鼻翼の広がり術前の説明との相違等の可能性があります。

この記事をシェアする
目次
閉じる