左右差を調節する美容形成【鼻翼挙上、人中短縮他院修正、口角挙上:術後3M】【糸リフト(ハイパーリフト):術後1M】

術式

鼻翼挙上、人中短縮他院修正、口角挙上、糸リフト(ハイパーリフト)

施術内容

人間皆生まれつき完全に左右対称ではありません。
少しの左右差は気にならないものですし、あるほうが自然です。

写真の方は他院で鼻整形と人中短縮術を受けておられました、生まれつきか手術によるものかは分かりませんが、小鼻の付け根の高さと大きさ、鼻の穴の見え方、口角や唇の形に左右差がありました。
言われたら気付くレベルのものです。

鼻翼の大きさや高さの左右差は、組織を切り取ったり、引っ張ることで調節します。
今回はリップリフトと鼻翼挙上を組み合わせることでACRも改善しています。
リップリフトの傷は鼻翼基部を上げると目立ちやすくなります。縫合を工夫し、また鼻腔内の傷は隠れるようにデザインしました。

口角も左を強く上げています。
3ヶ月時点ではまだ少し左が過矯正ですが、半年、一年経つとちょうど良くなっていきます。

マエクリは鼻はもちろん、口周りの施術も得意としていますのでご相談お待ちしております🤗

人中はお顔の真ん中あたり、周りとのバランスがひとりひとり異なる為絶妙な調節が必要です。どんなご希望にも寄り添い理想を叶えます。

リップリフト(人中短縮)といっても従来の切開法や部分切開法、切らないリップリフト、口角リフトとの併用と、様々な種類があります。求める効果やダウンタイムに合わせて最適な施術をご提案いたします😉

副作用・リスク

腫れ、内出血、違和感、感染、出血、キズ、感覚異常、後戻り、ガミースマイル、鼻翼の広がり、イメージとの相違

この記事をシェアする
目次
閉じる