頬に埋まった鼻を持ちあげる鼻整形

こんな悩みの方におすすめの記事です。

・鼻整形を考えている
・ほうれい線の凹みが目立つ
・ごぼ口(口元が盛り上がっている状態)で悩んでいる
・唇が鼻と同じくらいか前方に出ている
・理想的なEラインが欲しい

目次

理想的なお鼻、アジア人のお鼻の特徴について

一般的な「美人」「かわいい」と言われる方のお写真や動画をと比較し、お鼻で悩みの方は何が違うのでしょう。

まず理想的なお鼻を考えていくと、“鼻先や鼻筋が高く、小鼻が小ぶりで存在感がない”といった表現になります。しかしそんな理想的な鼻の形をしていてもなんだかバランスが悪いことがよくあるんです。

この原因は一体なんなんでしょう?…
もちろん様々な要素がありますが、欧米の人々と我々日本人(東アジア人)を比較したときに異なる点として、中顔面(お鼻を中心とした顔の中心)が凹んでいることが挙げられます。dish faceと呼ばれます。鼻筋や小鼻の付け根など梨状口の周りの骨格が低形成で後ろに落ち込んでいるのです。

一般的にも広く認知されているお鼻の手術として隆鼻術があります。これはプロテーゼ等を使って鼻筋を高くする手術です。東アジアでは盛んに行われている隆鼻術ですが欧米では少なく、逆にワシ鼻の治療など鼻を低くする治療が多い地域もあるんです。これも中顔面の凹凸による地域差です。

中顔面が凹んでいることで起こる影響

お鼻のバランスに話を戻しましょう。
中顔面が凹んでいることが他の部位にどんな影響を及ぼすのでしょうか?梨状口の周りの骨格が低形成、つまり鼻の穴の周りの骨が前に出ていないとどうなるか…

整容的に問題となるのは鼻翼基部や鼻柱基部の凹みです。ここは鼻先の土台となるところで、建物で言うと基礎の部分にあたります。

鼻の土台が凹んでいると横顔を見たときに鼻が頬に埋まってバランスが悪いように見えます。

さらに鼻唇角(鼻柱と唇の角度)が小さく見えたり口元や上口唇が前に突出して見えることで口元、顎との位置関係も悪化するのです。

中顔面の凹みを改善する方法と移植物について

中顔面が凹みを改善する方法としては、なんらかの移植物を骨上から皮下に移植する方法があります。移植物としてはヒアルロン酸や脂肪などの柔らかいものではなく、軟骨や骨移植、プロテーゼなどが適しています。

鼻の土台は膜や靱帯で強く骨とくっついているため、適切な位置まで中顔面を前方に出すためには骨とのくっつきをはがしてスペースを作り硬い物を移植する必要があるのです。

鼻の下や横はよく動く部分なので移植物はそのままだとズレやすいです。

移植する場所や固定の工夫を行いズレを防止します。

近年移植物として使用されている素材はシリコン・ゴアテックス・人工真皮等の異物や、軟骨・筋膜・骨等の自家組織があります。

当院では鼻の施術と複合で鼻翼鼻柱基部の治療(猫貴族手術)を行うことが多いため、細片軟骨が第一選択となります。

症例

それでは実際の症例をご紹介します。

こちらの症例でも肋軟骨による鼻中隔延長術を行い、その肋軟骨で、鼻翼・鼻柱基部細片軟骨移植(猫貴族手術)、鼻背細片軟骨移植を行っています。

もともとは法令線(小鼻の付け根)が凹んで小鼻が張り出して見えるとお悩みでした。「小鼻縮小だけではどうにもならないことはなんとなくわかってるんだけど、何をすればいいかわからない…。」とご相談頂きました。

鼻翼や鼻柱の根本が凹んでいたので前下方向に移動させました。

鼻先は土台が持ち上がることに合わせて高さを設定しています。

鼻筋は最後に決めます。

鼻先に合わせたいのですが、鼻根の始まりはあまり高くできません。眉間との差がなくなると違和感が出てしまうからです。

施術に使用した材料はすべて肋軟骨と肋軟骨膜です。

鼻柱基部から鼻が高くなることで鼻唇角が大きくなり柔らかい印象になりました。

笑っても不自然にならないよう移植物の入れ方も工夫しています😌

最後に

鼻整形や口唇の整形では一部位で考えるとバランスが崩れることがあります。

パーツをきれいにするのはもちろん大事ですが、鼻翼や口唇との位置関係をみてバランスを考えながら治療法を計画していく必要があります。

初回手術から修正手術までご相談ください。

この記事をシェアする
目次
閉じる