鼻翼縮小(小鼻縮小)

Alar reduction

大きく広がっている鼻翼(小鼻)を切除して、小鼻を小さくする手術です。

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 小鼻の大きさが気になる方
  • 鼻の穴が丸く、ふくらみやすい方
  • 鼻全体を小さく見せたい方

施術について

About the treatment

鼻翼とは、鼻の穴の横の左右両端にふくれている部分を指します。 小鼻とも呼ばれます。小鼻が外側に広がっていると、鼻の穴の大きさが強調されて見えてしまいます。

鼻翼縮小は、鼻翼(小鼻)や鼻腔底(鼻の穴の下側)の皮膚を切除して、小鼻を小さくする手術です。

小鼻を小さくすることで、すっきりとした優しい印象の鼻にすることができます。小鼻のふくらみが気になる方や、鼻の穴を小さくしたいという方におすすめの施術です。

ビフォーアフター

Before After

Before

After

【鼻翼縮小、鼻中隔延長、軟骨移植、鼻尖形成】術後6ヵ月

施術方法

Treatment method

鼻翼縮小は、鼻翼(小鼻)を数ミリ切除して、鼻全体のバランスを調整しながら丁寧に縫い縮めていくことで小鼻がすっきりし、鼻の穴も目立たなくなります。

鼻翼縮小の施術の方法はいくつかあります。当院では、患者様の理想をお伺いした上で、現在のお鼻の状態に合わせた施術法を提案させていただきます。

内側法

inner method

内側法は、小鼻の外側は切らずに、鼻の穴の余分な皮膚のみを切除します。鼻腔粘膜を切除し、小鼻の根元を内側に引き寄せるように幅寄せするので、小鼻の幅を狭くすることができます。小鼻の根元から鼻の穴にかけて切開するので、傷跡も目立ちにくいのが特徴です。
鼻の穴は大きいが横に膨らんでいない方におすすめです。

外側法

outside method

外側法は、小鼻の外側を切開し、余分な皮膚も切除することで、大きく張り出した鼻翼のふくらみを改善することができます。鼻翼のふくらみが小さくなることで、鼻が小さくなった印象になりますが、鼻の穴の大きさは基本的には変わりません。
小鼻が大きく、横にも膨らんでいる方におすすめです。

内・外側法

inside/outside method

内側法・・・小鼻の幅を狭くする
外側法・・・小鼻のふくらみや丸みを減らす
内側法と外側法を併用する場合があります。両者の利点を生かした、幅広い鼻翼縮小のデザインが行うことができます。

施術の流れ

Treatment flow

Step

01

内側法の場合は鼻の穴の内側、外側法の場合は鼻翼の外側を切開し、余分な皮膚や皮下組織を切除します。

Step

02

縫合して終了です。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

30分

シャワー

翌日より可能です。

洗 顔

翌日より可能です。創口は優しく洗ってください。

メイク

施術部位以外は翌日より可能。施術部位は抜糸翌日より可能です。

ダウンタイム

個人差はありますが、1~2週間程度の腫れがあります。

術後の通院

1週間目 抜糸

リスク・副作用

・感染 ・術後の痛み、腫れ ・血がたまる ・内出血 ・鼻閉感 ・仕上がりがイメージと異なる ・鼻の穴のひきつれ ・小鼻の引きつれ感 ・糸が露出する ・創部離開 ・鼻の穴の左右差 ・創部の段差・ 凹み・ ゆがみ ・小鼻がまだ大きい(鼻翼縮小の効果が物足りない) ・鼻の穴が角ばる ・小鼻が大きい・小さくなり過ぎる ・小鼻が下がって見える

料金

Price

鼻翼縮小

内側 もしくは 外側

¥210,000《税込》

内側 + 外側

¥310,000《税込》

目次
閉じる