人中短縮

Ninchu shortening

人中短縮は鼻の下を切開し、余分な皮膚を切除して鼻と唇の間の距離を縫い縮め、鼻の下を短くする治療です。

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 鼻の下が長いのが気になっている方
  • 面長な印象を変えたい方
  • のっぺりとした顔の印象を変えたい方
  • 加齢で鼻の下が伸びてきた方
  • 人中を短くして、引き締まった印象にしたい方

施術について

About the treatment

人中(鼻の下)が長いと、面長でのっぺりとした印象になります。
人中短縮(別名:リップリフト)は鼻の下を切開し、余分な皮膚を切除して鼻と唇の間の距離を縫い縮め、鼻の下を短くする治療です。鼻と唇の間の距離を短くすることによって、顔の印象が引き締まり、若々しい印象になります。鼻の下の付け根に沿って切開するので、傷はほとんど目立ちません。

ビフォーアフター

Before After

Before

After

【人中短縮】

施術方法

Treatment method

鼻の下の付け根に沿って切開し、鼻の下の余分な皮膚を切除し、鼻下から上口唇までの距離を短くします。

※当院の特徴
必要に応じて皮膚だけではなく筋層(口輪筋)や粘膜下層も引き上げて処理することで、傷跡が目立ちにくく後戻りを防ぐようにしています。また症例によって切開ラインを鼻腔底の盛り上がり(土手)の内側か外側のどちらにするかを選びます。正面から見て鼻の穴が丸見えな方や鼻腔底と上口唇の境が不明瞭な方は傷が見えないことを優先して鼻腔内に。鼻腔底と上口唇の境がはっきり土手で分かれている方は土手の下に切開ラインが来るようにデザインすることをおすすめしています。
またご希望がありかつ適応の方は『皮膚に傷がつかない人中短縮術』をおすすめいたします。

施術の流れ

Treatment flow

Step

01

鼻の下の付け根に沿って切開し、余分な皮膚を切除します。

Step

02

口輪筋を鼻中基部の軟骨(ANS)に固定し、口輪筋のつり上げを行います。

Step

03

縫合して終了です。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

30分

シャワー

当日は傷口以外可、翌日より可能です。

洗 顔

当日は傷口以外可、翌日より可能です。

メイク

当日は傷口以外可、施術部位は抜糸後より可能です。

ダウンタイム

術後1週目までは目立つ腫れが生じますが、2~4週間ほどで落ち着きます。

術後の通院

7日目抜糸

リスク・副作用

・術後の痛み、腫れ ・血がたまる ・内出血 ・糸が露出する ・創部離開 ・傷口の先端のふくらみ、 盛り上がり ・左右の大きさ、厚さが違う ・鼻の穴や小鼻の左右差

料金

Price

人中短縮

¥349,000《税込》

目次
閉じる