脂肪吸引

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 顔の大きさが気になる方
  • 小顔になりたい方
  • 二重顎が気になる方
  • フェイスラインをすっきりさせたい方
  • ダイエットしても頬・顎下の脂肪が落ちない方
  • 確実に脂肪をなくしたい方

施術について

About the treatment

顔が大きく見える原因として、頬・顎下の脂肪が挙げられます。頬や顎下の脂肪が多いと、顔を大きく見せるだけではなく、たるみを発生し、締まりのない雰囲気を与えてしまいます。

頬や顎下の脂肪はダイエットをしても、落ちにくいところです。脂肪吸引は、カニューレと呼ばれる極細の吸引管を挿入して、脂肪を吸引することで、フェイスラインをすっきりさせ、小顔にみせることができる施術です。

施術方法

Treatment method

手術は、耳の後ろの目立たない場所を数mm切開し、極細カニューレで丁寧に吸引していきます。

吸引する際に起こる血管の損傷を防ぐために、止血効果のある麻酔(チュメセント液)を使用します。吸引する脂肪層に注入した後、陰圧をかけて吸引していきます。
血管や神経などのダメージが最小限に抑えるため、手作業でゆっくりと丁寧に脂肪を吸引します。

吸引後は、専用のフェイスバンドで圧迫固定します。こうすることで腫れが早期に引き、より良い仕上がりになります。

施術の流れ

Treatment flow

◇術式
①耳の後ろの皮膚を切開します。
②カニューレを挿入し、皮下脂肪を吸引して除去します。
③切開部を縫合します。
④フェイスバンドで圧迫固定して終了です。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

60分

シャワー

当日より首から下は可能、3日目より全身可能です。

洗 顔

当日、翌日は拭き取りのみ、3日目より可能ですが、傷口は強くこすらないようにしてください。

メイク

翌日より圧迫部分以外可能、3日目より傷口以外可能、抜糸後全て可能です。

ダウンタイム

個人差はありますが手術直後から出現し、経過と共に和らぎます。 大きな腫れは1〜2週間継続します。

術後の通院

3日目:圧迫固定を除去し、手術部位の診察を行います。
7日目:傷口の診察をし、抜糸を行います。

リスク・副作用

・思ったより細くなっていないと感じる ・施術箇所の知党の麻痺・ 鈍さ、しびれ ・皮膚のたるみ ・皮膚の色素沈着 ・テープかぶれ ・吸引部の皮膚が硬くなる、凹凸になる ・傷跡のもり上がり・ 凹み ・色素沈着 ・吸引部分の皮膚の壊死 ・感染 (化膿) ・血腫 ・脂肪塞栓、血栓 ・吸引部分の筋肉の損傷

料金

Price

脂肪吸引

¥165,000《税込》

顎下

¥165,000《税込》

頬+顎下

¥290,000《税込》

目次
閉じる