眉毛下皮膚切除(眉下リフト)

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 上まぶたのたるみが気になる方
  • まぶたが開きにくいと感じる方
  • 上まぶたのたるみで二重の幅が狭くなってきた方
  • 上まぶたが腫れぼったい方
  • 自然に若々しい印象になりたい方
  • ぱっちりした目元になりたい方

施術について

About the treatment

加齢などにより、上まぶたの皮膚がたるんでくると、目が小さく見えてしまいます。たるみが重度になると、目が開きにくかったり、無理に目を開こうとしておでこにシワが入ってしまうなど、様々な悪影響を及ぼします。

眉毛下皮膚切除は、眉毛に沿って、眉下の余った分厚い皮膚を切り取ることにより、まぶた全体のたるみをすっきりさせる施術です。

20~30代の方でも、上まぶたの腫れぼったさが気になる方や、自然に目元をパッチリさせたい方にも有効な治療法です。

施術方法

Treatment method

眉毛下皮膚切除では、眉下に沿って、上まぶたのたるんだ余分な皮膚を切除します。
場合によっては脂肪を一部除去し、まぶたの厚みや腫れぼったさも解消することが可能です。

ごく自然な仕上がりになるように、入念にデザインを行います。お顔全体のバランスを見ながら、切除幅を決定します。

施術の流れ

Treatment flow

◇術式
①眉下を切開します。
②余分な皮膚や脂肪を切除します。
③眼輪筋をリフトアップさせながら、縫合していきます。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

60分

シャワー

翌日より可能です。

洗 顔

翌日より可能です。傷口は強く擦らないようにしてください。

メイク

抜糸翌日より可能です。

ダウンタイム

約1~2週間、朝晩にむくみを感じたり目やにが増えたりします。腫れによりー時的に二重の幅が広くなったり、二重の幅に左右差が生じることがあります。まれに、視界がぼやけて見える時期がありますが、角膜の腫れが影響していると考えられますので腫れが落ち着くと共に改善されます。

術後の通院

7日目 抜糸

リスク・副作用

・むくみ ・内出血 ・目元の熱感 ・顔の雰囲気の変化 ・二重の幅が手術前と変わらない、もしくは狭く見えることがある ・施術箇所の知党の麻痺・鈍さ、しびれ ・傷跡のもり上がり・ 凹み ・ 色素沈着 ・たるみが残る ・仕上がりに左右差があると感じる ・感染 ・ラインの乱れ・ラインが浅い・ラインの消失(予定外重瞼線) ・瞼が閉じづらい ・瞼の開きが重い、または眼瞼下垂が悪化する ・たるみが残る・ まつげの上に皮膚が被さる ・糸が露出する ・血腫 ・眼球の損傷、日元周囲の火傷

料金

Price

眉毛下皮膚切除(眉下リフト)

¥355,000《税込》

目次
閉じる