二重埋没法

double burial method

埋没法とは、医療用の細い糸でまぶたの内側を数箇所固定し埋没させることで、二重のラインを作る手術です。 メスを使わずに二重まぶたにしたい方におすすめの施術です。

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • メスを使わずに二重まぶたにしたい
  • 腫れを最小限におさえたい
  • 気軽に二重にしたい
  • リーズナブルに二重にしたい

施術について

About the treatment

埋没法とは、医療用の細い糸でまぶたの内側を数箇所固定し埋没させることで、二重のラインを作る手術です。

皮膚を切開する切開法とは違い、糸で縫い留めるだけなので、痛みも少なく腫れや傷跡も最小限に、ナチュラルな二重を作る事ができます。糸の留め方や位置によって二重幅の調整も可能です。糸で留めているだけなので、気が変わった場合でも元に戻したり、二重の幅の変更をすることもできます。

施術方法

Treatment method

埋没法は、まぶたの皮膚側と裏側(結膜側)を細い医療用の糸を使用して固定することで二重まぶたのラインを作ります。

埋没法は大きく分けて、瞼板に糸を留める瞼板法と挙筋に糸を通す挙筋法の2種類あります。糸の留め方や位置によって二重幅の調整も可能です。

瞼板法

tarsal plate method

結膜のすぐ裏にある瞼板と呼ばれる板状の軟骨に糸をかけて糸をかけて二重を作ります。手術時間が短いため腫れにくく、ダウンタイムが少ないのがメリットです。まぶたのたるみが少ない方に適しています。

拳筋法

fist muscle method

まぶたを引き上げる時に使われる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉に糸をかけて二重を作ります。結んだ糸が瞼板上に露出しないため、角膜に触れてゴロゴロするということがないのがメリットです。糸が瞼の中に完全に埋没するため、眼球を傷つける心配がありません。

施術の流れ

Treatment flow

Step

01

二重のラインにそって糸を通すための穴をあけます。

Step

02

まぶたの裏側から糸を通します。

Step

03

結んで固定します。結び目は皮膚に埋め込むので目立ちません。また、麻酔は極細の針で行います。これにより痛みや内出血を最小限に抑えることが可能です。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

約15分

シャワー

当日より可能です。

洗 顔

当日より可能です。

メイク

当日より可能です。

ダウンタイム

個人差はありますが、3日~1週間で落ち着いてきます。

術後の通院

なし。

リスク・副作用

・内出血 ・二重幅の左右差 ・二重ラインの消失、乱れ ・違和感 ・埋没糸が透けて見える ・感染 ・しこり ・白目や角膜の損傷

料金

Price

二重埋没法

シングルループ

¥120,000《税込》

ダブルループ

¥220,000《税込》

目次
閉じる