シリコンインプラント豊胸

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 2カップ以上バストアップしたい方
  • 半永久的な効果を得たい方
  • 痩せていて余分な脂肪が少ない方
  • 思い通りの胸の形を作りたい方

施術について

About the treatment

皮膚を数cm切開した部分に、豊胸バッグを挿入し、バストを大きくする方法です。

 

シリコンインプラントによる豊胸は、ヒアルロン酸や脂肪注入などの治療に比べ、しっかりとしたサイズアップが可能なので、バストアップ効果をはっきり感じたい方におすすめの施術です。

当院では、豊胸用シリコンインプラント「Motiva(モティバ)」を使用しています。

「Motiva」は、バッグの中でも最も強い強度と伸長率、シルクのような肌触りと柔らかさを持った次世代・最新の豊胸用インプラントです。シリコン充填率が100%の為、リップリング(豊胸バッグのゆがみが見える状態)も少なく、より自然に仕上げる事ができます。

施術方法

Treatment method

皮膚に数cmの切開を入れ、そこからインプラントを挿入するスペースを作り、挿入します。

▶切開部位は、「腋窩」「乳房下溝」の2ヶ所です。

【腋窩切開】
ワキのシワに沿って切開するため、傷が目立ちにくいのが特徴です。

【乳房下溝切開】
乳房とお腹の境界線を切開します。乳房で隠れるので比較的目立ちにくいのですが、仰向けになった際に傷が見えやすいというデメリットがあります。

▶インプラントを挿入する部位は、「乳腺下」「筋膜下」「大胸筋下」の3カ所です。
患者様の体型やご希望に合わせて、最適な挿入部位をご提案します。

【乳腺下法】
乳腺の下にインプラントを挿入する方法です。
インプラントの動きややわらかさが出やすいのが特徴です。授乳後にボリュームがなくなった方や、元々のボリューム(乳腺や皮下脂肪)がある方に適しています。

【筋膜下法】
大胸筋の前方にある筋膜の下にインプラントを挿入します。筋肉収縮によるバストの変形を起こしにくいのが特徴です。筋肉が発達している方や、バストが下垂気味の方に用いることが多い方法です。

【大胸筋下法】
大胸筋の下にインプラントを挿入する方法です。大胸筋は分厚い筋肉なので、バストに触れてもインプラントの感触がしないのが特徴です。痩せている方、乳腺組織の少ない方や元々のボリュームのない方が、大幅なサイズアップをする場合に適しています。

施術の流れ

Treatment flow

◇術式

①腋窩または乳房下溝を数cm切開します。

②インプラントを挿入するためのスペースを作ります。

③インプラントを挿入します。

④縫合して終了です。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

90分

シャワー

翌日より可能です。

洗 顔

当日より可能です。

メイク

当日より可能です。

ダウンタイム

最低でも1週間~3週間は内出血や痛みを感じるため、お身体に負担がかかることは避けるようにしてください。

術後の通院

翌日ドレーン抜去(留置した場合)、7日後抜糸

リスク・副作用

・感染 (化膿) ・糸が露出する ・仕上がりに左右差があると感じる ・施術箇所の知覚の麻痺・ 鈍さ、しびれ ・傷跡のもり上がり・ 凹み・ 色素沈着 ・皮膚の表面が凸凹になる ・皮膚の壊死 ・血種 ・バストの位置が高すぎる、低すぎる ・左右差 ・バッグの輪郭が浮き出る ・バッグが胸の中で動く ・ 被膜拘縮(カプセル拘縮)

料金

Price

シリコンインプラント豊胸(モティバ)

¥990,000《税込》

目次
閉じる