下顎角(エラ)骨切り

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • エラが張っている方
  • 角ばった輪郭をなめらかにさせたい方
  • 小顔にしたい方
  • 卵型の輪郭にしたい方

施術について

About the treatment

下顎骨のエラの部分を下顎角といいます。下顎角が張り出していると輪郭が四角くなり、顔を大きく見せてしまいます。張り出した骨を切除することで、半永久的にすっきり整った卵型の顔の輪郭、小顔を形成します。

切開は口腔内(口の中)で行うため、外から傷が見えることはありません。

施術方法

Treatment method

口腔内を切開し、下顎角部を露出し、骨切りを行います。段差が生じないよう下顎の縁のラインを丁寧に削り、平らにします。

下顎骨が厚く、幅広く見える場合は、ボリュームを減らすために外板を削ったり、外板の切除を行うこともあります。

骨の切除量はCTや模型を用いて術前に決めます。術前にある程度術後の仕上がりをイメージしていただく事ができます。

施術の流れ

Treatment flow

◇術式

①口腔内(口腔前庭)を切開します。

②骨膜下剥離で下顎骨を露出します。

③術前デザインに沿って、骨切りライン状に骨孔をあけます。

④オステオトームを使い、骨切りを行います。

⑤切除した骨片を取り除き、下顎の縁のラインがなめらかになるように削ります。

⑥口腔内を縫合して終了です。

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

2~3時間

シャワー

翌日から可能です。

洗 顔

翌日から可能です。

メイク

翌日から可能です。

ダウンタイム

術後2週間は内出血と強い腫れがあります。しびれは回復まで数ヶ月かかることがあります。

術後の通院

翌日と3日後に全身状態と創部確認のため来院頂きます。
1週間、1・3・6ヶ月、1年で経過観察

リスク・副作用

・痛み ・腫れ ・むくみ ・内出血 ・感染 ・痺れ ・血腫 ・たるみ ・左右差

料金

Price

下顎角形成(エラ削り)

¥1,320,000《税込》

目次
閉じる