オトガイ形成

こんな人におすすめ

Recommended for people like this

  • 顎の長さが気になる方
  • 顎先が大きい方
  • 顎が前に出ているのが気になる方
  • 顎が後退している方
  • 顎先が小さい方
  • 綺麗なEラインにしたい方
  • 顎先を細くしたい方
  • 小顔になりたい方

施術について

About the treatment

長い顎、前方に突出した顎、小さすぎる顎など、顎の悩みは様々あります。
オトガイ形成は、オトガイと呼ばれる顎先の骨の位置や形を調整することで、理想のフェイスラインに近づける手術です。

切開は口腔内(口の中)で行うため、外から傷が見えることはありません。

施術方法

Treatment method

顎が長い

【水平骨切り(中抜き法)】
顎の中間部分の水平骨切りを2段で行い、短くします。顎の長さを短くするだけではなく、前後に移動することで、美しいEラインに整えることが可能です。

◇術式
①口腔内を切開します。
②左右のオトガイ神経を確認し、骨膜下剥離でオトガイ部を露出します。
③骨切り線をデザインします。
④水平骨切り(2段)を行います。
⑤切除した骨片を取り除き、骨を移動させ、段差を削ります。
⑥プレートで固定します。
⑦縫合して終了です。

顎が突出している(しゃくれている)、後退している(小さい)

【水平骨切り】
顎の先端を水平に骨切りします。そして、後方、または前方へ移動することで顎先のバランスを整えます。顎が小さい場合、骨移植を行うこともあります

◇術式
①口腔内を切開します。
②左右のオトガイ神経を確認し、骨膜下剥離でオトガイ部を露出します。
③骨切り線をデザインします。
④水平骨切りを行います。
⑤骨を移動させ、段差を削ります。
⑥プレートで固定します。
⑦縫合して終了です。

顎のラインを細くしたい、V字型にしたい

【水平、垂直骨切り(Vライン形成)】
顎先の骨を水平に骨切りした後、中央部分の骨を切除し左右の骨片を中央に寄せることで、顎先を細くします。

◇術式
①口腔内を切開します。
②左右のオトガイ神経を確認し、骨膜下剥離でオトガイ部を露出します。
③骨切り線をデザインします。
④垂直方向の骨切り(縦方向に2本)を行います。
⑤水平方向の骨切りを行い、中央の骨片を取り除きます。
⑥骨を移動させ、段差を削ります。
⑦プレートで固定します。
⑧縫合して終了です。

施術の流れ

Treatment flow

術後経過・アフターケア・リスク

Postoperative course / aftercare / risk

施術時間

2~3時間

シャワー

翌日から可能です。

洗 顔

翌日から可能です。

メイク

翌日から可能です。

ダウンタイム

術後2週間は内出血と強い腫れがあります。しびれは回復まで数ヶ月かかることがあります。

術後の通院

翌日と3日後に全身状態と創部確認のため来院頂きます。
1週間、1・3・6ヶ月、1年で経過観察

リスク・副作用

・痛み ・腫れ ・むくみ ・内出血 ・感染 ・痺れ ・血腫 ・たるみ ・左右差

料金

Price

オトガイ形成

¥1,000,000《税込》

オトガイ形成(水平抜き)

¥1,100,000《税込》

オトガイ形成(水平垂直抜き)

¥1,200,000《税込》

目次
閉じる